スタサプ世界史分かりにくいなお声

世界史

「スタサプ世界史を視聴したら分かりにくいよ」

そこで、なぜ分かりにくいのか探ってみることにしたんだ。

ワイ、はこざきはスタディサプリ世界史を使って、歴検3級合格→共通テスト88点→歴検2級合格をすることができた。

スタサプ世界史分かりにくいなお声

予習無しだと分かりにくい

スタディサプリ世界史のスタンダードレベルについてです。予習をしなくても良いとかいてあったのですが、予習を受けずに視聴したら全くわかりませんでした。予習するとしたら何をしたら良いでしょうか?yahoo知恵袋

スタサプの公式ページでも言ってるけど、村山先生の授業は予習がいらない。

そのことを信じて受けたら全く分からなかったとのこと。

だけれども、こんな声もある。

高1年に聴いても分からなかったが、今聴いてみたらかなり面白い。

学校の授業か、参考書か詳しいところは不明だが、基礎知識が積まれてくると、スタサプ世界史は頭に入ってきやすくなるようだね。

暗記のために使うと分かりにくい

村山先生の授業に関しては、テキストに羅列されてる文字を見ながら何かを書くわけでもなく、ただ何が重要なのかもわからず講義を聞いているだけになってしまっています。当然先生が問いかけた質問も全くわからず、最後の確認問題も解けません。予習なしでいいらしいですが、なしでその場で話された内容を頭に入れるなんて不可能ですよね?この講義はなんの為に聞くものなんですか?暗記するためですか?だとしたらもう講義を見るのはやめようと思います。yahoo知恵袋

スタサプスタンダードレベル世界史には箇条書きテキストがある。

村山先生はテキストにそって授業をされるが、「テキストのそこに線!マーカー!」とまでは言わない(笑)

確かにどこが重要なのか分からないこともあるかもしれないね。

だけれども、先生はスタンダードレベルを世界史学習の「幹」と位置づけていて、講義の中でも要所要所で「覚え方」や「暗記事項」を示される。

暗記事項はその場で頭に入るものもあれば、入らないものもあるんだよね。

あわないから分かりにくい

自分的には合わないです。もし、ユーチューブで無料配信されているtry itの世界史がわかりやすいと思ったらスタディサプリはいらないんじゃ無いかな? 僕の世界史の最高偏差値は73.1ですが、スタディサプリの先生の教え方では全然頭に入ってこなかったです。yahoo知恵袋

こちらは質問「Q.スタディサプリってどうですか?」に対する回答だった。スタディサプリ世界史があわなくて分かりにくいな例だ。

世界史の最高偏差値が73.1ということで、映像事業のレベルはあんまり関係なさそう。

先生が合わないということかぁ。

神講義とはいえ100%みんなに合うわけではないからね〜。

【対策】あえて非効率に聴く

対策を考えてみたので参考にしてほしい。

  • 0.75倍速(下限)で聴く
  • 文字起こしする

村山先生けっこう早口で情報量が多いので、油断すると聴き逃す。また、確かに聴いてても難しいところはある。

だから、あえて非効率に聴くことによって隅々まで聴けるようにする方法だ。

0.75倍速で聴く

スタサプは視聴速度を0.75倍速まで落とせる。

文字起こしをする

低倍速&一旦停止を駆使して、写経のように文字起こしをする。

すると因果関係や用語解説、覚え方などが細かく整理されつつ、かなり分かりやすく解説されていることがわかる。

指痛い案件だけど、これでお手製スタサプ講義系参考書も完成だ(笑)

これらをすべての講義でやっちゃうと「作業」が中心となりホントに非効率なので、特に分かりにくいと感じた部分にやってみるのもいいかもしれない。

全容がすぐ分からないから逆に面白い(あとがき)

このツイートって「いい意味」の分かりにくいお声だと思う。

ただワイ自身もそうそうこれだよ!と同意したい笑

こういうことなんだろうな。

「話が深いはず」「面白いけど頭使う」このお声を見て思った。

難解だから、理解するためにリスニング力を高めるとか、何度も聴く必要あったりする感じ。

逆に、すぐにわかる世界史講義があったならそれはそれでどうなんだろうと考える。

世界史はすぐ分からないよね笑

ここら辺は、学習中のワイも容易にまとめられないけど、今後も継続的に考えたいところだ。

以上でした!

【学び直しで180°変化】スタサプ世界史スタンダードの経験で何を得たか
何をもって学び直しにスタサプ世界史スタンダードを選んだのか? それはマンガ・イラストで中世ヨーロッパ史を描くためだった(なぜかは長いので中略)。 当初は調べたいところを直接に歴史書などを使ってあたればいいと思っていた。例えば...

コメント

タイトルとURLをコピーしました