Q.帝国教会政策とは?わかりやすくまとめてみた

世界史

レヒフェルトの戦い(955)でマジャール人を破り、神聖ローマ皇帝の起源ともなったオットー1世。

彼が始めた帝国教会政策とはいったいどんな政策なのか。

実はこの政策って魔法みたいなんだ。

帝国教会政策とは?わかりやすくまとめてみた

当時、ローマ=カトリック教会の権威は西ヨーロッパ全体に及ぶようになっていた。

この時すでに、教皇を頂点としたピラミッドが出来上がっている。

それはすなわち、教皇、大司教、司教、司祭・修道院長という聖職者の序列構造だ。(階層性【ヒエラルキー】という)

オットー1世は高まる教会の権威を帝国統治に利用しようと考えた。

どうやって教会を利用したのか?

ここで、カール大帝の統治方法が関係する。

大帝は地方部族の反乱を防ぐために、伯を配置していた。

そして、現地、部族と結びつかないよう、世襲を禁止。

この政策は圧倒的な武力を背景に成立してたんだけど、オットー1世の時代では難しかった。

そこで考えたのが「伯」の代わりに「聖職者」を置くということ。

聖職者はキリスト教に仕えるため、妻を持つことができない。

ってことは、子供をもてない。

自動的に世襲制が禁止されているのと同じだね。

オットー1世は自分の思い通りになる者を上位聖職者(=大司教・司教)に任命。

つづいて、教会領を与えて、公爵領のまわりに配置する。

さらに、伯爵領の権能も与えた!

伯爵領の権能例↓

  • 関税権
  • 市場権
  • 貨幣鋳造権

こういった権能によって、教会領は実質、伯爵領となっていくんだ。

「見た目が聖職者だけど、実は伯」みたいな。

これはもう封建領主だよね(笑)

聖職者は土地や財産の寄進も受けて、聖界諸侯となっていく。

これは、大公にとってはやっかいだ、聖職者が相手ではうかつに絡めない。

こうして、オットー1世は、大公の反乱を防ぐ、帝国教会政策を成立させたというわけなんだ。

帝国教会政策にいたるまで

カール大帝の時

フランク王カール大帝の統治方法から、みておくと、

カール大帝は征服した地方部族が反乱を起こさないよう、ある仕組みを作った。

それは「伯」を配置するということ。

具体的には、、

地方の公爵領を解消して、州【管区】とする。そして、州の長官に伯を任命した。

伯は現地の部族と結びつかないよう、世襲を禁止される。

この方法はカール大帝の圧倒的な軍事力のもと成立したんだ。

ところが、、

カール大帝がなくなると、当然、この体制がゆるんでしまう。

ダメだっつったのに、伯は世襲しちゃった。

しかもせっかく、公爵領を解消したのに、伯爵領が集まって、また新たな公爵領ができてしまう始末。

そこで、オットー1世の父王ハインリヒ1世は、新しい統治方法を考えた。

父王ハインリヒ1世の政策

実際、父王ハインリヒ1世も、カール大帝の死後ゆるんできた体制から、のし上がってきた公爵、ザクセン公であった。

だから、大帝と同じ方法では地方統治はできない。

じゃあどうしようか。

そこで、考えたのが「血族」を利用する方法だった。

それは、大公の地位を自分の一族に与えて、各地に配置しよう!ということ。

血族なんだから、現地の部族と結びついて、反抗することはない!

しかもこれは、国家統一への道でもあるんだ!

こういったハインリヒ1世の政策は、オットー1世の代でも引き継がれ、同様の政策を行なっていたんだ。

ところが、、

うまくいかない。。

血族であっても、結局、地方の部族と結びついてしまい、王権をめぐって反乱も起こした。

オットー1世は政策の転換をするしかなくなってしまったんだ。

さあ、どうしようかなと、、

そこで考えたのが、教会組織を使う方法だ。

これで1段落目の帝国教会政策にいたるわけなんだ。

まとめ

今回、主に菊池良生さんの『神聖ローマ帝国』を参考文献としてまとめた。この本、とても表現が面白くて、歴史書の堅い感じがあまりない。

そして、帝国教会政策の驚く仕組みを知った。

特に「伯の世襲禁止」を「聖職者の妻帯禁止」に置き換えたところが、すごい魔法だと感じたんだよね(笑)

ところで、聖職者を任命する権限は別名、聖職叙任権だ。この、聖職叙任権をめぐって、ゆくゆく皇帝と教皇がバトルしていくことになるが、、、

それはまた別の機会にゆずるとしよう(笑)

参考文献

  • 菊池良生『神聖ローマ帝国』2010、講談社

コメント

タイトルとURLをコピーしました